海にまつわる怖い話をまとめています。

海にまつわる怖い話まとめ(海怖まとめ)

Part003

ボイラー室

投稿日:

655: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 04/02/15 18:56
 先ず、大型船の燃料系の説明からしなければならない。

 船舶用ディーゼル機関は通常、重油で運転されるが、冷えた状態では、
非常にカタイため、先ず軽油でボイラーを運転し、約2時間掛かって、
蒸気で重油を余熱し起動する。
 このボイラーは、「小さな2階建て、建て売り住宅」程の大きさになる。
出入り口は、ヒト一人やっと通れるマンホールが有るだけである。

 建造中の船舶には、数百人が出入りしており、人員管理は非常に困難である。
ある日、ボイラー内部の配管を施工していたはずの工員が行方不明になった。
失踪する理由も見つからない。何処に行ったのか誰も見当が付かない。

 ついに、船は船会社に引き渡され、出港していった。

 数年後、定期検査のため、あるドックにその船は入っていた。
ボイラーメーカーの係員が、ボイラーの釜を開けて、中にはいると、

真っ白に焼けた人骨と、数本の工具がそこに有った。

出典:http://hobby4.2ch.net/test/read.cgi/occult/1053794685/

-Part003
-, , ,

Copyright© 海にまつわる怖い話まとめ(海怖まとめ) , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.