海にまつわる怖い話をまとめています。

海にまつわる怖い話まとめ(海怖まとめ)

part004

消えた灯

投稿日:

63: 本当にあった怖い名無し 04/08/21 00:27 ID:CjognTzF
本当にあったらしい事件。
とある日の夜、沖合いを航行していた貨物船の船長が○○灯台の灯を探して
いてあっと声をあげた、いつもならついているはずの灯台の灯がきえているのだ。
船長は不信に思い灯台のあるはずの場所を顕微鏡でのぞいて見たが明かりらしきも
のは見えなかった。
貨物船の船長の知らせはすぐに港に届いた。
その灯台は電話もひけないほどかなり人里離れたところにありその灯台
にいくためには山道を3時間程歩いていかなければならなかった。
その当時そこの灯台には3人の灯台守が住み込み働いていており、恐らく
その三人になにかあったのであろうと言うことで地元の警察官が翌日
様子を見に行くことになった。
山道を抜けようやく灯台についた警官たちは灯台が建っているすぐ横にある小さな
平屋の家に向かった。3人はそこで寝泊をしているはずだった。
しかしその場所に3人の姿はなかった。
部屋の中はがらんとしており、ちゃぶ台の上には湯のみ茶碗と日誌がおかれ、流し台に置かれた
食器なども清潔に磨かれており、布団や彼らが着ていたであろう衣類などもきちん
とたたまれておりとくに争った形跡もなかった。
警官2人はそのあと灯台の中やその周辺もくまなく調べたが3人の姿を見つけること
ができなかった。そこで警官たちはちゃぶ台のうえに置かれてあった日誌を調べて
見ることにした。一体彼らに何があったのか?
日誌にはごく普通にその日の天気やその日の出来事などがかかれていたが彼らが
失踪する4日ぐらい前から少し変な記述が見られるようになってきた。
64: 本当にあった怖い名無し 04/08/21 00:30 ID:CjognTzF
○月○日 北微北西の強風。海は大荒れ、波が高い。
     Bの様子が変だ、朝から機嫌悪い何かあったのか。

○月☆日 風が強い。外にでることができない。Bは落ち着いたが、なにやら
     ぶつぶつ言っている。Cは風に向かってわめいている。 

○月□日 暴風が一晩中続いた。風は西微北に変わる。
     Bは落ち着いた。Cは祈っている。

同日   正午、昼なのに暗い。Bの様子が心配だ。

○月△日 暴風がやんだ。海も穏やかだ。みんな喜んでいる。

昨日の灯台の消えていた日でその日誌は終わっていた。
しかし警官達はすぐに妙なことに気がついた。
この日誌によれば彼らは数日間、かなり激しい嵐のようなものにあっていたよう
だが、ここ数日そんな嵐などなかったし海もそれほど荒れていなかったからである。
一体彼らが体験した嵐とはなんだったのか?
その後も彼らの捜索が続いたが、結局3人はその後もみつからず、この事件
は単なる失踪事件としてかたずけられた。

出典:http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1091387941/

-part004
-,

Copyright© 海にまつわる怖い話まとめ(海怖まとめ) , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.