海にまつわる怖い話をまとめています。

海にまつわる怖い話まとめ(海怖まとめ)

Part001

ジェットフォイルという船

投稿日:

341: こぴ1 02/12/23 15:47
ジェットフォイルという船をご存知でしょうか?

船底に「T」の字を逆さにしたような形の翼を付け、後ろから海水を吹き出すことで船体を浮上させ、
時速80キロは軽く出せるという「超高速船」です。
操縦の手順は航空機並みの複雑さ、しかも船の世界では常識破りのスピードなのでブリッジ(操縦室)
には必ず3、4人か、それ以上の要員がいます。見張りが欠かせないのです。他の船なんかにぶつか
ったら確実に大事故ですから。(急ブレーキや急旋回ができるのも特徴ですが、これをやると船内の
人が無事ではすみません・・)
双眼鏡での監視、レーダーによるチェックで船や流木との衝突は避けられますが、ときには、どうし
ても避けられない相手がいます。
イルカやクジラです。
群れを成して潜っては現れ、また潜ってはとんでもないところに現れるとか、時には近寄ってくるの
が彼らの習性。
クジラなら「潮吹き」で見つけられる事もありますが、イルカだけはお手上げ。
見つけて、警笛を鳴らしてもどいてはくれません。
200メートルもあれば急ブレーキがかけられますが、直前に出てこられたら、間に合いません。
こんなとき、船長は「覚悟」を決めます。合掌する航海士もいます。なぜ?

342: こぴ1 02/12/23 15:48
船底の翼は高速航行のために作りは「刃物」そのもの。その「刃」が時速80キロ以上の猛スピード
でイルカの群れに突っ込んでいくのです・・・・地獄の始まりです。
翼に当ったイルカは瞬間に「三枚おろし」か「ミンチ」になります。驚いて飛び上がったイルカは船
体に激突して「玉砕」。モニターを通して響き渡るイルカの悲鳴・・
船を止めようものなら、吸水装置がイルカの肉片を吸い込んで詰まってしまうため、かわいそうでも
走り抜けるしかありません。船体や窓ガラスに血しぶきが飛び、後ろから吹き出す海水はピンク色。
かなり遠くまで肉片や内臓がばらまかれ、船の周りは真っ赤になります。オルカに襲われたなどとい
うレベルではありません。
文字どおりの「血の海」になるのです。

時間にして数秒で「地獄」は終わります。
乗客には「魚の群れにぶつかったので・・」と説明はしますが、船内の空気は重苦しくなるそうです。
ある船長は言います。

 「間に合わないと判断したら、進路は変えません。犠牲を最小限にするためです。スピードも落と
しません。半端なスピードでは苦しませるだけですから・・でもね、アレをやってしまうと操縦クル
ーは顔が別人のように強張ってしまうのですよ。鏡を見るのが心底怖いです。そこに見えるのは鬼の
顔ですから」

あまりの「悲劇」にたまりかねたのか、「不採算」という理由をつけて航路自体を廃止した会社もあ
るそうです。

353: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/12/25 01:53
>>341->>342
新潟からの佐渡航路のフォイルではイルカの群れにやたら遭遇するが、血の海
など見たことが無い。てか、イルカのスピードが50km/h、フォイルのスピードが
80km/hとして、衝突したら船も無事じゃ済まないよ。だからこの話はネタ。

ちなみに、フェリーだと甲板からイルカの群れが脇をジャンプしながら並んで
泳ぐ様子が間近で見られるので楽しい。大体、爆音立てて走ってくる船がかわせない
魚(含む鯨・イルカなど)が天敵だらけの海で生き残れるわけがない。

354: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/12/25 07:45
>>353
よかった~。ありがとうございました。
うちの地元でもジェットフォイルが運行してますが、そんな惨殺事件は聞いたことが
ないので、変だなーと思ったんですよ。ネタでよかった~。

でも、一度だけ夜中に走っているジェットフォイルに「正体不明の海の生物」が
ぶつかった事があるんですよ。地元の新聞にも載りました。凄い衝撃とともに
イルカというか鯨というか、あの海の生物特有の「ピキー!」って言う声が聞こえた
とのことでした。船ももちろん一時停止したそうです。
夜が明けてから海上を捜索しても、鯨やイルカの死体は無かったそうです。
なんだったんだろうなー?

出典:http://hobby2.2ch.net/test/read.cgi/occult/1038436656/

-Part001
-,

Copyright© 海にまつわる怖い話まとめ(海怖まとめ) , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.