海にまつわる怖い話をまとめています。

海にまつわる怖い話まとめ(海怖まとめ)

part005

体をもっていく波

更新日:

580: 本当にあった怖い名無し 2005/08/11(木) 10:20:35 ID:HtQfAGgu0
もう25年前の話だ。
当時私たち家族(両親、兄、私、弟)は毎年、和歌山にキャンプに行っていた。
恒例行事だ。キャンプ最終日には五色浜に寄って帰阪するというのがパターンだった。
その年は寄ったのが夕方近くで、海からの涼風を受けながら、貝殻を拾ったりしていた。
浜には迎盆のためのピンクや緑の砂糖菓子や、ろうそくが供えられており、物珍しさから
それらを見て歩いた。

夜になろうとしていた。

五色浜は波が高いことで有名で、遊泳禁止だった。昼でも怖い高波は子供の目に恐ろしく
映り、波打ち際から遠くを歩いていた。
(変なはなし、水泳は得意だが、海は昔から嫌いだった。水面下を想像して怖いから)
ふと気付くと弟がいない。とっさに海を見ると波に体をもっていかれそうになっている。
両親が走った。私自身は記憶がない。兄も。たぶん棒のように立っていたと思う。
父親が弟の体を引っつかみ、母は父の体を引っ張っていた(童話/大きなカブそっくり)
三人の足元の砂は沈み、ダメだ、と思ったが、父は最期の力で手前に引きよせた。
弟のサンダルは波にさらわれ、三人とも呆然。
あとで聞いたが、ものすごい力で引っ張られたそうだ(引き潮がきつい、と言っていた)
夏になると思い出す。
幽霊話でもなんでもないが、この時の弟の恐怖はいかばかりか。

ところでこの弟、後年友達と行った沖縄のビーチで、夜、ホモに襲われそうになった。
・・・これも怖い。

出典:http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1107440616/

-part005
-,

Copyright© 海にまつわる怖い話まとめ(海怖まとめ) , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.